お知らせ

ウズベキスタンは焼成レンガとタイルの建物、トルクメニスタンは遺跡、キルギスは花の旅でした。キルギスで見たたくさんの花々は山歩きは花を見ながらに載せています。
現在はタジキスタン旅行の旅をまとめています。タジキスタンも遺跡の旅でした。
その中で気になるものについては、忘れへんうちにに記事を載せていきます。

2016年12月1日木曜日

ドゥシャンベで朝散歩2


翌朝の散歩は、ドゥシャンベ・プラザとは反対の方向に向かうことにした。ホテル前のミルゾ・ターサンゾダ通りを南東方向へ歩いていった。
Google Earthより
プラザのあるボホロ(ウズベキスタンの町ブハラ)通りとは様子が違って、小さな家が色付いた街路樹の向こうに並んでいた。しかも色とりどり。
奥には大きな集合住宅が聳えているが、
歩いている通りの左側に小さなお店があった。どんなものを売っているのか写したかったが、店主がこちらを観察しているので、これ以上近づけなかった。
珍しくアルファベット表記のProfitというサッカーのお店かクラブがある。
秋の朝の遅い陽の光に照らされた通りは、家並みが途切れそうなので、
Profitの角の道から大きな集合住宅を目指すことにした。
右手のおしゃれな建物は古いが、カフェが入っている。
まだ完成していなかった。
せっかくなので中の道を探検してみる。洗濯物を外に干す習慣があることもわかった。
通りに面した家々は、色とりどりだったが、中に入ると鄙びた家が多い。
が、その道の正面を見てびっくり。別の大きな集合住宅や4階建ての緑の家など、新しい建物が続いている。
とはいえ、その周囲にはこんな家々が残っている。近いうちに大きな集合住宅に変わっていくのだろうなあ。
その先は袋小路になっていたので、大通りへ戻ることにした。これがその集合住宅の別の側。
通りに戻ると、黄色いATMらしきものがあったりして、新しい面も見えた。
通りの向かい側の建物は、2階の窓がバルコニーのように出っ張っている。右のお店にはコカコーラのポスターが。中央アジアはどこの国でも炭酸飲料が好きみたい。
建設中の建物。
防音壁?に張られた図面を見ると、10階建て以上の建物がずらりと並ぶ一角になる予定らしい。住宅ではなく、オフィスやショッピング・センターができるそうな。

ここで四つ角に出た。一つ目は歩道を舗装中。
この先(南西方向)はT字路になっているようで、赤く低い建物が続いている。遠くに見えるのは、オペラ・バレー・ハウス(Google Earthの写真より)。
二つ目には古い集合住宅が途切れずに続いている。タジキスタンではこんな横長の建物をよく見かけた。
三つ目の角は先ほどの建設中の建物で、その通り(北東方向)は工事中。一応通行を止めようと大きなコンクリートの塊が置いてあるが、ミニバスや乗用車がものすごい勢いで行き交う交差点だった。

残りの一角が公園になっているらしいので、そちらに行ってみることにした。
Parkanlage公園というらしい。その外の歩道を歩いていると、
開けたところで運動をしているおじさんたちがいた。
いろんなところから公園に入ることができるように、たくさんの小道がついている。
一番黄葉のきれいな木。
その下を女性が歩いて行く。
ここが公園の先端部。真ん中はバラが栽培されていて、周囲に樹木が植えてある。
ミルゾ・ターサンゾダ通りはローハイ通りに交差して終わる。左手の水色の建物には兵士がたむろしていたので、写さずに、
それに続くピンクの建物を写していて、
ここにもミニバスが停まっているのに気付いた。
本当にタジキスタンにはいろんな顔の人たちがいる。
散歩の終わりに若者の顔を写させてもらった。イラン系のタジク人の顔かな。

関連項目
ドゥシャンベで朝散歩1