お知らせ

中央アジア各国の旅行記が完成したので、西アジアのイラン旅行をまとめています。
その中で気になるものについては、忘れへんうちにに記事を載せていきます。

2016年8月18日木曜日

バラサグン遺跡1 ブラナのミナレット


バラサグン遺跡へ向かう途中で、キルギスではあまり見なかったヒマワリ畑があった。

絵葉書セットのカバーの説明は、ブラナ博物館はトクマクの町から約12㎞にある、カラハン朝の北の首都、バラサグンの最初の都市の遺跡である。カラハン可汗国は中央アジアで最大の封建国家だった。
バラサグンの街はチンギスハンの遠征で被害を受けなかった。モンゴル軍はゴバリクという名に変えたが、その意味は「神の街」である。街は13-14世紀まで存続したが、以前のようには栄えなかった。段々と寂れて、15世紀には住民に放棄された。人々は街の名も忘れ、ミナレットと要塞の廃墟だけになっていたという。
入口には石人が置かれている。
水路を渡って
キリル文字の説明板がある。文字を一つ一つコピーして検索した結果、以下のようなことがわかったが、図に数字がなく、わからないものが多い。
1:ミナレット 2:墓 3:墓 4:墓 5:中心部の廃墟 6:石庭 7:第4墓 8:浴場 9:駐車場?
赤い数字は推測で付けたものです。
『BURANA』は、かつては王家のそして部族墓は地下にあったが、墓廟は4基ある。その一つは八角形、別のものは円形。1基の四角形の墓廟は要塞の東方にあるという。

絵葉書セットのカバー裏にはこんなイラストも。
2つの地図で、やはりこの都も城壁で囲まれていたこと、街のメインストリートは現在の遺跡への通路と同じで、門は水路の先にあったらしいことはわかった。

右手に焼成レンガの建物の遺構が。これが②③の墓らしい。
結構凹凸がある複雑な建物のよう。
西側は丸い。10-12世紀のものという。

そこを抜けると景色が開け、ブラナの塔が姿を現した。
『BURANA』は、イスラームの中央アジアへの到来はイスラーム建築という新しい型の建物をもたらした。焼成レンガは、記念物や公共の建物の基本的な建築材料となった。墓廟の建造はムスリムの人々の墓所となった。後に、先祖の墓廟を建造することが、キルギスやカザフの人々にとって特別な伝統となった。
ブラナのミナレットは人々にお祈りを呼びかけるためのものであり、また街の見張り塔となった。現在の高さは24.6m。当初は40m以上あった。螺旋階段が内部にあり、頂上までいくことができる。書物によると、ミナレットはモスクとメドレセの双方に使われたが、どちらも現在まで残されていない。しかし、バラサグンの街には幾つものモスクやメドレセの痕跡があるという。

金属製の階段が取りつけられている。他の街のメドレセやモスクのミナレット同様に、入口は2階にあるからだ。
その手前にあるのが④第3の墓。
1階は八角形になっている。

まだ施釉タイルがなく、焼成レンガを組み合わせて外壁の装飾とした時代のもの。
正方形を縦横に短いレンガで繋いだだけの文様。その下は焼成レンガ2枚ずつでT字形状にしたものを上下逆にして積んだ帯状の文様。
卍状の文様を入れて、縦横に折ったり分岐させた文様。
その下は卍のようで卍ではなかった。
これがミナレットで多用されている卍状のものを入れ込んだ幾何学文様。

塔の向こうには⑤中心部とキリル文字で検索すると出てきたが、高いので宮殿跡かも。

ミナレットに登る。
入口近くから⑤宮殿跡をのぞむ。上に立っている人と比べると、10mほどの高さだろうか。
入口は狭い。

24.6mの頂上から眺めた宮殿跡。2つありそう。

⑤宮殿跡の右向こうには⑥石人が並べられている。
元々ここにこのように並んでいたわけではなく、各地から運ばれて来たらしい。
南方には雪の少し残る山々。
雲に隠れて高い山は見えなかった。

②第1墓
③第2墓
上から見るとどちらもΩ型だった。
円筒形で円錐屋根の載る墓塔のような形だったのかな。

その隣には小さな博物館とユルトの土産物屋。右下の赤い屋根の架かる白い四角い基礎のようなものはなんだったのだろう。

これがミナレットの隣にあった④第3墓
こちらは八角形で墓塔ぽい。

ミナレットを下りる。
ミナレットの通路が狭いのは、二重の螺旋階段だからと何かで読んだことがあるが、現在ではどのミナレットも、登りも下りも同じ階段なので、すれ違うのが大変。
壁面はかなりの厚さ。
平レンガを少しずつ持ち送って、うまくカーブさせている。
この方が分かり易いかな。
下りてから見上げる。

              アク・ベシム遺跡←    →バラサグン遺跡2 石人

関連項目
ブラナのミナレットの建造時期は


※参考文献
「BURANA」 Tabaldiev Kubatbek Shakievich Megamedia